現在地:トップ > 編み方レシピ 「かもがわベスト」



編み方レシピ 「かもがわベスト」

ふたつの川が合流し、ひとつの流れになる京都の鴨川

その姿にちなんで、ふたつの編み地をつなげてつくるこの作品をかもがわベストと名付けました。
メリヤス編みの端が丸くなる特徴を生かし自然にVネックになるのがポイントです。
左右違う糸で編むと、面白いものが出来上がります。

材料
OPAL糸2玉/編み方ではA色、B色と表記
3号2本棒針 もしくは 3号輪針で往復編み
出来上がり寸法
幅:40cm 丈:45cm

皆さまの好きな寸法で編むために、ゲージをとることをお勧めします。
既に腹巻帽子を編んでいらっしゃる方なら10cm幅に何目編んでいるかを数えます。
お手持ちの着心地の良いニットの幅を測り、目数を割り出して下さい。丈はお好みで。




編み方

54目作り目をして、始めの3cmをA色で2目ゴム編みをする。
糸をB色に替えて表側から見て表目がでるように(表側がメリヤス編み、裏側が裏メリヤス編み)を84cm編む。
糸をA色に替えて、2目ゴム編みを3cm編み、ゆるく伏せ止め。

配色を逆にして、もう一方も同じ様に編む。

縦長の編み地を半分に折ったところが肩になるので、両脇、前後をとじ合わせれば出来上がり。
着心地を確認し、微調整してから糸を切ると失敗がありません。



三つ編みの作り方

A4サイズのノートに15回糸を巻く。
5本取りの束を3つ作る。
肩山から2目はいったところに1束を通し、その左右にも1束ずつ通す(編み目にストレスをかけないように違う目に通す)
10cmぐらい三つ編みをする。
先を結んで、いらない部分を切る。

OPAL糸ならではの、さまざまな組み合わせをお楽しみ頂けると思います。




お電話でのご注文・お問合せは 0226-28-9373 2種類の色柄の組み合わせ Opal毛糸 全種類一覧
「ニットにふれて社会貢献」
★動画ページ★
お問い合わせ
お電話・FAXでのお問い合わせは
KFSアトリエまで
電話:0226-28-9373
FAX:0226-28-9374
月〜金 10:00ー15:00
定休日:土・日・祝
メールによるお問い合せはこちら
運営者情報はこちら
気仙沼駅前ショップのご案内
気仙沼駅前ショップ
〒988-0077 宮城県気仙沼市
古町3-2-41(気仙沼駅前)
TEL: 0226-25-9321
営業時間:10:00ー17:00
定休日:日曜・月曜・祝日
梅村マルティナOpal毛糸では、グローバルサインを採用しています。
お客さまが入力された個人情報の送受信を行う際にSSL (Secure Sockets Layer) と呼ばれる秘匿性の高い暗号通信技術を使用しており、安心してご利用いただけます。
SSLを使うための特別な設定は必要ありませんが、古いバージョンのブラウザでは表示できない場合がありますので、ご注意下さい。
≪SSLとは≫
Secure Sockets Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略で、暗号化された秘匿性の高い通信を提供します。ご利用者のブラウザから送信された個人情報等や、該当ページから返信された情報を暗号化する技術です。