現在地:トップ > Opal毛糸の取り扱い表示について

Opal毛糸の取り扱い表示について

  1. 毛糸の重さの変化について

    Opal毛糸はドイツの表示規格に準拠しており、毛糸の長さで管理されています。
    また 毛糸の重量は湿度等の環境要因により大きく変化するため、±10%は許容誤差とされています。
    このため毛糸一玉 の重量が 表示重量を下回ることがあることをご了承願います。

  2. ロット番号と毛糸色合いについて

    毛糸にはそれぞれ製造ロット番号が帯に印字されております。帯のPartieという文字の下に記されている数字がロット番号です。 製造するロット(回数)によって同じ毛糸でも色合い・風合いが異なってしまう場合がございます。これは毛糸が一定の質ではない天然繊維という理由から避けられません。 当サイトでは同一商品を複数お買い上げの場合は必ずロット番号は揃えて出荷しております。しかしご注文順に商品を出荷しておりますので、前回購入した商品と同じロット番号の毛糸を時間が経過してからご要望されても、すでに別のロットになっている場合がございます。 ですのでセーターなどのように大量に毛糸を使用される場合は、極力一回のご注文で必要分以上のご購入をおすすめいたします。 また、帯も大切に保管してくださいますようお願いいたします。

  3. 他の毛糸との混合について

    oaplは独自製法のウォッシュウールです。opal以外のウールの毛糸と一緒に編まないようにしてください。 特にお洗濯・クリーニングした場合に収縮率の違いなどにより、編んだ作品の型くずれなどが起きる可能性がございます。既存のopal同士(例えばフンデルトヴァッサーと単色)なら全く問題はございません。 特に単色糸は用途が広いため、opal以外の毛糸と混合しないようにご注意ください。

  4. 毛糸の帯に描かれた記号について(マルティナカラー以外は全てドイツ表記となっております)
    1. 洗濯温度

      40度以下に設定してください。

    2. アイロン

      できれば布を当てて、スチームアイロンを使用してください。

    3. 漂白剤

      染め物なので使用しないでください。

    4. クリーニング

      ドライクリーニング(石油系)可能です。

    5. 乾燥機

      乾燥機は使用しないでください。

    6. 推奨編み針

      一番上の数字は推奨編み針の直径を表します。
      数字の下の横棒はかぎ針のシンボル、その下のバッテンは棒針を表します。
      オパール毛糸で靴下を編む際は直径2.5mmの針が最適です。
      (弊社では靴下以外のものは編み地が堅くなるため3mmの針を推奨してます)

    7. ゲージ

      この表記の場合は30目42段編むと10x10cmになる、という内容です。

    8. 編み機

      このイラストは編み機を表しています。 編み機使用OKです

お電話でのご注文・お問合せは 0226-28-9373 2種類の色柄の組み合わせ Opal毛糸 全種類一覧
★動画ページ★
お問い合わせ
お電話・FAXでのお問い合わせは
KFSアトリエまで
電話:0226-28-9373
FAX:0226-28-9374
月〜金 10:00ー15:00
定休日:土・日・祝
メールによるお問い合せはこちら
運営者情報はこちら
気仙沼駅前ショップのご案内
気仙沼駅前ショップ
〒988-0077 宮城県気仙沼市
古町3-2-41(気仙沼駅前)
TEL: 0226-25-9321
営業時間:10:00ー17:00
定休日:日曜・月曜・祝日
梅村マルティナOpal毛糸では、グローバルサインを採用しています。
お客さまが入力された個人情報の送受信を行う際にSSL (Secure Sockets Layer) と呼ばれる秘匿性の高い暗号通信技術を使用しており、安心してご利用いただけます。
SSLを使うための特別な設定は必要ありませんが、古いバージョンのブラウザでは表示できない場合がありますので、ご注意下さい。
≪SSLとは≫
Secure Sockets Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略で、暗号化された秘匿性の高い通信を提供します。ご利用者のブラウザから送信された個人情報等や、該当ページから返信された情報を暗号化する技術です。